美容のお悩み

Hair Colors Palette
2016年06月08日

傷んでる髪・・・カラーする?しない?《ROSSO発。ツヤ髪の作り方》

  多くの女性が髪の毛に求めるもの、、、 《艶》   豊かな色と書いてツヤ。     艶のある髪の毛にする為に必要なのは、、、     文字通り『色』。     色の話といえば、、、   はい!こんばんは。長内です。   ツヤ=豊かな色 だとすると、、、         減法混色の考えで豊かな色は黒。 品のあるアジアンビューティー   ツヤツヤの黒髪。   艶髪=黒髪ということになるのですが、、、 ナンセンス!     果たして世の中の女性が求める『艶』は黒染めする事で手に入る艶なのでしょうか?? 黒髪のの持つイメージ→意思の強さは実直さを ハイトーンの髪色は→社交性やフットワークの軽さを 色の持つ印象で、、、なりたい自分は変幻自在。     ハイトーンだろうと、自然なブラウンだろうと、、、 自分らしさを表現しつつ。 自分らしい髪色で艶を保つ事。   だと長内は思います。 そこで一番重要なのは、、、 ちゃんと毛先までカラーをする。     リタッチだけで済ませない!! 美容師側世代の価値観の違いだと思いますが、、、     『傷んでるからカラーをする』 ヘアカラーでメラニン色素の抜けた穴を補充する。 トリートメントで抜けたタンパク質を補充する事。 艶髪への一番の近道だと思います。…

image
2016年06月16日

すきバサミは悪なのか??ハサミを使い分ける訳

昔々、、、     知り合いの美容師が言いました。     『愛のないセニング(すきバサミ)は暴力と一緒だ』     うむ、深い。。。           七年間、基本を身体に染み込ませる為に、必要最低限なハサミだけでカットをこなしてきました。     基本は良いハサミ一丁があれば、どんなヘアスタイルも切れると思っています。 でも、、、     美容師によっては10丁使い分ける人     たったの2丁で勝負している人。     それぞれ居ると思います。     僕の見解ですが、、、   改めてハサミを増やして想うのは、、、     世界が広くなる     という事。     例えば、、、     良く切れるハサミだけがいいハサミでは無くて       このセラミックシザー     片方の刃がセラミックで出来ている為    …

image
2016年06月16日

【warning!!】昆布カラー、トリートメントカラーの注意点。

『髪は女の命』だから、、、 最悪な事態になって、涙を流す毎日を過ごす前に見て欲しいので 以前にも何度か書いたのですが、、、         未だに良く耳にする、、、     昆布系カラー ここ数年通販を中心に出てきた白髪染め用のホームカラー。 そう!化粧品登録で髪や肌に優しい成分を配合しているのでトリートメントカラーと呼ばれていますが、、、     このトリートメントカラーを使ってる人の中で、、、   サロンに来てヘアカラーをした時に突然、髪の毛が緑色に変色することがあります。     ふむ。     なんでそうなるのか?? 美容師でもわかってない方のが多いのでは?? 原因が分からなければ対処出来ないし、大きなトラブルになってしまいます。 先ず、、、       トリートメントカラーは悪なのか?     実際に何種類か取り寄せて観察開始!     成分表示は、、、     かなりのトリートメント成分を配合してある。     そしてアルカリを使わない。   化粧品としての分類になるので染毛料ではなくトリートメントとして記載されています。 ダメージもかぶれも無く臭いもない。     ただ染まりは良くない、、、     白髪を常に隠し続ける為だけに使うのであれば問題なさそう、、、ですね。      …

スクリーンショット 2015-06-13 19_Fotor
2016年06月09日

地肌のSOS【ふけ・かゆみ】トラブルはROSSOへご相談ください!

  唐突ですが・・   自分の頭皮を見たことはありますか??         健康な頭皮というのは   【白く透明感があり、程よく潤っていて、柔らかく柔軟。】     色が茶色くくすんでいたり、乾燥してシワが出ていたり、かゆみ、フケが出ていると、 それは、           頭皮のSOS!!   春になってから、頭皮のかゆみ、フケを訴える方が多いのです。 暖かくなってきて、湿度が高くなってきたのに、、、   原因のほとんどは乾燥なのです。 そして、そのほとんどの方が使っているシャンプーには共通点がありました。 共通点とは、洗浄力の強いシャンプー。 特に注意が必要なのは、     「ラウレス硫酸Na」または「ラウレス硫酸ナトリウム」 ラウレス硫酸ナトリウムの特徴 洗浄力が強く、油性の汚れも良く落ちる。 硬水でもよく泡立つ。 原価が安い。 一見、良さそうに見えますが、 私たちは日本人。 . ほとんどの方は毎日髪を洗うと思います。 . 世界的に見ても、毎日髪を洗う人種は日本人ぐらいだそうです。 . そのせいか、日本人は敏感肌の方が多く、肌の悩みを抱え方も多い。 . さらには、綺麗好きな日本人、1日ではガンコな汚れはつきません。 . 7〜8割の汚れはお湯でしっかり流すだけで落とせるのです。   「つまり、元々キレイ好きで、敏感な肌の日本人には、ガンコな汚れも落とせる洗浄力の強いシャンプーは必要ない。」     (哀しいかな、ドラッグストアやスーパーなどの市場に並ぶシャンプーは洗浄力が強いものがほとんど。ラウレス硫酸ナトリウムの原価が安いのも理由のひとつとは思いますが、日本の国民性には合わない成分かと私は思います。)    …

gf01a201503221700_Fotor
2016年06月06日

《梅雨》縮毛矯正希望増加中!でも、その前に知っておきたいこと。

こんにちは代表です。   例年よりもちょっぴり早く、梅雨入りが発表され、ジメジメした日が始まりましたね・・・。     こうなってくると気になるのが、顔まわりのウネウネや、広がるスタイル。 朝頑張ってブローして家を出ても、駅に着く頃にはくせ毛が全開になってる・・・。           そんな声を多く耳にします。     そこで、皆さん考えるのが、やはりストレートパーマや縮毛矯正だと思います。       しかし、ここで警笛!!             縮毛矯正、ストレートパーマはメリットとデメリットがあるので気をつけなければいけません。 上手に髪質、ダメージと向き合う必要がある技術です。           縮毛矯正&ストレートパーマに関する注意点(デメリット)     ⑴ダメージは大きい 薬剤、工程の負担という点から見ても、美容室のメニューの中で《ダメージさせやすい技術》のうちの一つです。   ⑵一度やって終わりにならない 髪は伸びます。伸びてきたところとの境が付くと、根元の癖が気になります。よってヘアカラー同様、常にかけていたい依存症にかられます。   ⑶他技術との相性が悪い 特に縮毛矯正はタンパク質を熱でコントロールすることで変性を起こしやすく、スタイルチェンジ、カラーチェンジの弊害になりやすい。   ⑷ボリュームダウンで根元が潰れる あまりにもガッツリかけてしまうと、根元の自然なボリュームがなくなり、パツっとした不自然なストレートになってしまうことも。   ⑸回を重ねることに、傷みがひどくなる 縮毛矯正を重ねると、髪はどんどん細くなっていき、切れ毛の原因を作ります。繰り返し行える技術とは言えません。       どうでしょう?  …